【ロジクール K375s レビュー】マルチデバイス対応のワイヤレスキーボード

Logicool ワイヤレスキーボード K375sハードウェア
この記事は約7分で読めます。

Logicool(ロジクール)のワイヤレスキーボード K375sを購入しました。

K375sの価格は5,000円以下で安いですが、マルチデバイス対応、Unifying・Bluetoothの2つの無線対応で、コスパは高いです。

3台のデバイスを切り替えて接続できるので、複数のPCで使いたい人にもおすすめ。

僕はこれまで同じLogicoolのK270を使用していたのですが、キーボード・マウスは共通で複数PCで切り替えて使いたいと思い、買い替えました。

今回はLogicool K375sの機能や使用感を紹介したいと思います。

なお、使用しているPCのOSバージョンは、Windows 11 Pro 21H2です。

この記事はこんな人におすすめ
  • Logicool K375sの機能や使用感を知りたい
  • 複数のPCで使えるワイヤレスキーボードが欲しい
  • Windows・macOS・Chrome OSで使えるキーボードを探している
【30日間無料体験】Amazonプライム会員なら配送料無料で最短当日配送!

Logicool K375sのスペック

まずは、Logicool K375sのスペックを紹介します。

サイズと電池

サイズ縦137.5×横435.5×高さ20.5mm
※脚を折り畳んだ状態
重量475g
※単四形乾電池2本を含む
電池単四形乾電池2本
電池寿命24ヶ月
※非充電式の場合

ファンクションキーとは別に独自のキーも付いておらず、シンプルでややコンパクトに感じます。

裏面に電源スイッチがあり、自動スリープ機能も備わっているため、電池の持ちも長めです。

僕は付属の単四形乾電池ではなく、Amazonベーシックの充電池を使用しています。

マルチデバイス対応(Windows・macOS・Chrome OS・iOS・Android)

Logicool ワイヤレスキーボード K375sの分割キー
対応OSWindows 10,11 以降
macOS 10.10 以降
Chrome OS
iOS 5 以降
Android 5.0 以降
※iOS・AndroidはBluetooth接続

PCはWindows・macOS・Chrome OSに対応しており、Bluetooth接続でiOS・Androidのスマホやタブレットでも使用可能です。

マルチデバイスで利用できるように一部が分割キーとなっており、キーラベルの色で機能を見分けます。

白色のラベルがWindows・Android、グレーのラベルがmacOS・iOSで使える機能を示しています。

Unifying・Bluetoothの2WAYワイヤレス接続

Logicool Unifying USBアダプタ
ワイヤレス接続Logicool Unifying
Bluetooth Smart
通信可能範囲10m

Logicool UnifyingとBluetoothの2WAY接続で、機種を選ばず多くの種類のデバイスと接続できます。

「Bluetooth SMART」は、Bluetooth 4.0に追加された低消費電力通信規格の「Bluetooth Low Energy」に対応する機器を総称するブランド名です。

引用:第620回:Bluetooth SMART とは – ケータイ Watch Watch

スマホ・タブレットスタンド付属

Logicool ワイヤレスキーボード K375sに付属のスマホ・タブレットスタンド

キーボードとは別に、スマホ・タブレットスタンドが付属していてちょっと嬉しい。

裏面はラバーで滑りにくくなっています。

Logicool K375sの詳細は、こちらのリンクからご確認いただけます。

【30日間無料体験】Amazonプライム会員なら配送料無料で最短当日配送!

Logicool K375sの機能

Logicool K375sの機能を紹介します。

Easy-Switchで3台までの複数PCを切替可能

目玉となる機能は、3台までの複数PCを切り替えて使うことができるEasy-Switchです。

あらかじめUnifyingでペアリングしておけば、ファンクションキーのF1F2F3で接続先を簡単に切り替えることができます。

キーボード・マウスはそのまま、ボタン1つでPCを切り替えられるので、かなり便利です。

一部のキーをカスタマイズ可能

Logicool OptionsでLogicool K375sのキーカスタマイズ
カスタマイズ可能なキー
  • F4
  • F5
  • F6
  • Home
  • PageUp
  • PageDown

Logicool Optionsを使用すれば、記載のキーの動作をカスタマイズできます。

僕は長時間使用しないときはPCをスリープにするので、キーボード操作で簡単にスリープできるようにF4FnF4で実行)にスリープを割り当てています。

なかなか便利ですよ。

Logicool K375sの詳細は、こちらのリンクからご確認いただけます。

【30日間無料体験】Amazonプライム会員なら配送料無料で最短当日配送!

Logicool K375sの使用感

Logicool K375sを実際に使ってみた感想、使用感を紹介します。

静かで軽い打鍵感

キーピッチ約19mm
キーストローク約3mm

公式サイトに詳細な情報がなかったので、記載のサイズは自分で計測したものです。

一般的なデスクトップ用キーボードと大差はないのかなという印象ですね。

静かで軽い打鍵感で使いやすい。

約9度の傾斜角度

Logicool ワイヤレスキーボード K375sの傾斜角度

裏側の脚を立てると、傾斜角度が約9度になります。

高さは一段階のみです。

好みもありますが、疲れにくくてちょうどよい傾斜角度だと思います。

Logicool Optionsのおすすめ設定

キーボードの設定やカスタマイズはLogicool Optionsでできますので、インストールしておきましょう。

おすすめ設定
  • 「標準のファンクションキーとしてF1~F12を使用」にチェックオン
  • 無効キー
    • Num Lock
    • Caps Lock
    • Scroll Lock
    • 挿入(Insert

僕は記載のように設定しています。

この設定で、ファンクションキーは標準通りの使い方で、接続先を切り替えたりする特殊機能を使用するときはFn+ファンクションキーで実施することになります。

また、各種ロックキーは不要なので、全て無効にしました。

これで、不意にロックキーを押してしまって混乱することもありません。

Logicool K375sの詳細は、こちらのリンクからご確認いただけます。

【30日間無料体験】Amazonプライム会員なら配送料無料で最短当日配送!

K375sとK370sの違い

型番
  • K375s:ダークグレー
  • K370s:グラファイト/オフホワイト

K375s、K370sという2つの型番がありますが、カラーによって型番が異なるだけのようです。

だから、好みの方を選択すればOK。

【30日間無料体験】Amazonプライム会員なら配送料無料で最短当日配送!
【30日間無料体験】Amazonプライム会員なら配送料無料で最短当日配送!

Logicool K375sのデメリット

最後に、Logicool K375sのデメリット、こうだったら良かったなという改善点を挙げておきます。

デメリット
  • 電源スイッチが裏面にある
  • PrintScreenが独立していない
  • BackSpaceInsertがやや近い

1つ目は、電源スイッチの場所です。

僕はPCを使用しない間はスリープにして、キーボードの電源を切るのですが、スイッチが背面にあるので、毎回ちょっと面倒です。

2つ目は、PrintScreenが独立したキーではないこと。

スクリーンショットは多用するので、独立したキーの方が便利だったかなと。

PrintScreenFnInsertで押せます。
Logicool OptionsでInsertを無効にしていても、スクリーンショットは問題なく機能します。

3つ目は、BackSpaceInsertがやや近いということです。

慣れの問題だと思いますが、キーストロークも低めのためか、よく押し間違えます。

Insertは無効にしていますので、大して問題はありませんが。

Logicool ワイヤレスキーボード K375s まとめ

今回は、Logicool(ロジクール)のワイヤレスキーボード K375sをレビューしました。

まとめ
  • マルチデバイス対応(Windows・macOS・Chrome OS・iOS・Android)
  • Unifying・Bluetoothの2WAYワイヤレス接続
  • 3台までの複数PCを接続・切替可能
  • Logicool Optionsでキーをカスタマイズ可能
  • 静かで軽い打鍵感で使いやすい

5,000円以下で買える低価格なキーボードなのに、機能は豊富でコスパが高いです。

特に、複数のPCで切り替えて使いたい人にはおすすめですよ。

Logicool K375sの詳細は、こちらのリンクからご確認いただけます。

【30日間無料体験】Amazonプライム会員なら配送料無料で最短当日配送!
ハードウェア
\よかったらシェアしてね!/
えふめん

大阪在住、30代。
業務系SE・社内SE。

PCトラブルの調査、自作デスクトップPCのこと、PC周辺機器のレビューなどの記事を書いています。

えふめんをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました