VirtualBoxでWindows 11をインストールする手順

Windows 11Windows
この記事は約7分で読めます。

Oracle VM VirtualBoxはオラクル社が開発している仮想化ソフトウェアです。

VirtualBoxはオープンソースのため、誰でも無償で使用できます。

いろいろ検証するときに実機よりも仮想マシンの方がやりやすいことがあって、ゲストOSにWindowsをインストールしようかと思いまして。

VirtualBoxを見ていると、仮想マシンのOS選択肢にWindows 11があって選べるようになっていました。

で、やってみたんですが、Windows 11はシステム要件がいろいろあるので、インストールの途中で「このPCではWindows 11を実行できません」と出て進めません。。

調べてみると回避する方法はあって、無事にWindows 11をインストールできましたので、その手順を紹介します。

今回のバージョン
  • VirtualBox 6.1.32-149290
  • ホストOS:Windows 10 Pro(64bit) 21H1
  • ゲストOS:Windows 11 Pro(64bit) 21H2

VirtualBoxのダウンロードとインストール

Oracle VM VirtualBoxのインストール

まずは、Oracle VM VirtualBox公式サイトからインストーラーをダウンロードしてインストールします。

「Windowsインストーラ」のリンクからダウンロードしたら、実行します。

インストールは全てデフォルトのまま進めてOKです。

VirtualBoxの設定変更

Oracle VM VirtualBox

VirtualBoxを起動します。

Oracle VM VirtualBoxの設定で仮想マシン保存フォルダを変更

仮想マシンフォルダの設定をDドライブに変更しました。

環境設定 → 一般 → デフォルトの仮想マシンフォルダー

この辺はお好みで、もちろんデフォルトのままでも大丈夫です。

VirtualBoxの仮想マシンの作成

Oracle VM VirtualBoxでWindows 11の仮想マシンを作成

「新規」ボタンで仮想マシンを作成します。

「エキスパートモード」ボタンで項目の詳細を展開しておきます。

適当な名前を入力して、「Windows 11(64bit)」を選択して作成します。

Windows 11の要件に合わせて、メモリ容量が4GB以上になっていますね。

ディスクはデフォルトのまま作成します。

こちらもシステム要件の64GBを超える80GBになっています。

もう少し減らしても構わないですが、可変サイズなので、デフォルトのままにしました。

Oracle VM VirtualBoxでWindows 11の仮想マシンを作成

仮想マシンの作成完了です。

これで、Windows 11のシステム要件のうち、プロセッサー・メモリ・ストレージは満たすことができています。

プロセッサー2コア
メモリ4GB
ストレージ80GB

Windows 11のディスクイメージ(ISOファイル)ダウンロード

MicrosoftダウンロードセンターからWindows 11のディスクイメージ(ISOファイル)をダウンロードしておきます。

ISOファイルは、仮想マシンへWindows 11をインストールするときに使います。

VirtualBoxでWindows 11をインストール

Oracle VM VirtualBoxの仮想マシンのゲストOSにWindows 11をインストール

では、VirtualBoxの仮想マシンのゲストOSにWindows 11をインストールしていきます。

「起動」ボタンで仮想マシンを起動します。

起動ハードディスクを聞かれるので、フォルダアイコンをクリックしてディスクを選択します。

Oracle VM VirtualBoxの仮想マシンのゲストOSにWindows 11をインストール

「追加」で、ダウンロードしたディスクイメージ(ISOファイル)を指定します。

Oracle VM VirtualBoxの仮想マシンのゲストOSにWindows 11をインストール

「起動」をクリックします。

Oracle VM VirtualBoxの仮想マシンのゲストOSにWindows 11をインストール

「Press any key to boot from CD or DVD..」というメッセージが出たら、何でもいいのでキーを押してディスクを起動します。

セットアップ途中でインストールできない

Windows 11のシステム要件のチェックに引っ掛かりインストールできない

ここからWindows 11のインストールを進めるのですが、デフォルトの状態だとセットアップの途中でシステム要件のチェックに引っ掛かります。

そして、途中で以下のメッセージが出て画面を進めることができません。

このPCではWindows 11を実行できません

このPCは、このバージョンのWindowsをインストールするための最小システム要件を満たしていません。詳細については、https://aka.ms/WindowsSysReq を参照してください。

このメッセージが出てしまった場合は、×でセットアップを終了し、開始画面に戻って以下の手順を行いましょう。

Windows 11のシステム要件チェックをパスする

Windows 11のシステム要件のうち、TPM 2.0、セキュアブートのチェックに引っ掛かってしまうので、レジストリを変更して回避します。

セットアップ開始画面で、ShiftF10でコマンドプロンプトを起動し、regeditコマンドでレジストリエディタを開きます。

「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\LabConfig」キーを作成し、DWORD値「BypassTPMCheck」「BypassSecureBootCheck」を作成し、値を「1」にします。

これで、TPM 2.0、セキュアブートのチェックをパスできます。

レジストリ変更の具体的な手順は、こちらの記事を参考にしてください。

Windows 11のインストールを進める

Windows 11のセットアップ

デフォルトの「日本語」のまま次へ。

Windows 11のセットアップ

「今すぐインストール」をクリックします。

Windows 11のセットアップ

ライセンス認証は後で行うので、「プロダクトキーがありません」をクリックします。

Windows 11のセットアップ

エディションの選択は「Windows 11 Pro」にしました。

Windows 11のセットアップ

ライセンス条項の画面が出ました。

システム要件のチェックで引っ掛かっていれば、この画面が出ずに中断されていましたが、問題なく進めましたね。

同意して次へ。

Windows 11のセットアップ

「カスタム:Windowsのみをインストールする」を選択します。

Windows 11のセットアップ

「ドライブ0の割り当てられていない領域」を選択して次へ。

Windows 11のセットアップ

Windows 11のインストールが始まります。

その後、再起動されました。

Windows 11のセットアップ

国・地域は「日本」を選択します。

Windows 11のセットアップ

キーボードレイアウトは「Microsoft IME」でOKです。

Windows 11のセットアップ

2つ目のキーボードレイアウトは追加しないので、スキップします。

アップデート適用のため、再起動されます。

Windows 11のセットアップ

コンピュータ名を入力して次へ。

一度再起動されます。

Windows 11のセットアップ

「個人用に設定」を選択して次へ。

ネットワークを切断してMicrosoftアカウントからローカルアカウントにする

Windows 11のセットアップでMicrosoftアカウントを求められる

PCのユーザー作成でMicrosoftアカウントを求められますが、ローカルアカウントにします。

Oracle VM VirtualBoxの設定でネットワークを切断

VM画面下のアダプターアイコンを右クリックしてネットワーク設定画面を開き、割り当てを「NAT」から「未割り当て」に変更します。

これで、ネットワークを切断できました。

Microsoftアカウント設定画面から左上にある「←」で戻ると、ローカルアカウント設定画面になります。

Windows 11をMicrosoftアカウントではなくローカルアカウントでセットアップする方法は、こちらの記事を参考にしてください。

Windows 11のセットアップでローカルアカウントを作成する

ユーザーIDを入力して次へ。

Windows 11のセットアップ

パスワードを入力して次へ。

Windows 11のセットアップ

同じパスワードを入力して次へ。

Windows 11のセットアップ

セキュリティの質問を3つ追加して次へ。

Windows 11のセットアップ

プライバシー設定の選択を行い、同意します。

全てデフォルトのままにしています。

Windows 11のセットアップ

しばらく待ちます。

Windows 11のインストール完了

Windows 11のインストールが完了しました。

最後に

今回は、Oracle VM VirtualBoxのゲストOSにWindows 11をインストールしました。

デフォルトの状態ではシステム要件のチェックに引っ掛かってセットアップできないので、チェックを回避する手順を踏んで行いましょう。

Windows
\よかったらシェアしてね!/
えふめん

大阪在住、30代。
業務系SE・社内SE。

PCトラブルの調査、自作デスクトップPCのこと、PC周辺機器のレビューなどの記事を書いています。

えふめんをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました