【ブルーレイ再生ソフト比較】無料・有料のおすすめ5選

有料・無料のブルーレイ再生ソフト一覧ソフトウェア
この記事は約5分で読めます。

PCで市販・レンタルのブルーレイディスクを再生するには、ブルーレイ再生ソフトが必要です。

僕はWindows 10のPCを使用していますが、残念ながらデフォルトの状態ではDVD・ブルーレイを再生できるメディアプレイヤーは付属しません。

ブルーレイを再生したい場合は、自分で探す必要があります。

そこで、無料・有料のブルーレイ再生ソフトを紹介します。

こんな人におすすめ
  • PCで市販・レンタルのブルーレイディスクを再生したい
  • 無料で使えるブルーレイ再生ソフトが知りたい
  • 有料のブルーレイ再生ソフトはどれがいいのか知りたい

ブルーレイメディアプレイヤー一覧

今回紹介するブルーレイディスクを再生可能なメディアプレイヤーは、以下の5つです。

メディアプレイヤー無料/有料対応OS
VLC media player無料Windows
Mac OS X
Linux
Chrome OS 等
Leawo Blu-ray Player無料Windows
Mac OS X
Macgo Windows Blu-ray Player無料
(ウォーターマークあり)
Windows
PowerDVD Ultraicon有料Windows
WinDVD Proicon有料Windows

それぞれの詳細を次項で紹介しますね。

なお、いずれのソフトを使用する場合もブルーレイディスクを再生できるブルーレイドライブは必要なので、注意しましょう。

僕は、I-O DATAの外付けポータブルブルーレイドライブを使用しています。

無料のブルーレイ再生ソフト

まずは、無料で使えるブルーレイ再生ソフトから紹介します。

ちなみに、それぞれの画像はレンタルしたブルーレイの映画TENET テネットを再生している様子です。

VLC media player

VLC media playerで映画TENET テネットを鑑賞

VLC media playerは、マルチプラットフォーム対応のメディアプレイヤーです。

PCの対応OSは、Windows・Mac・Linux(Ubuntuなど)・Chrome OSなど、iOS・Android用のモバイルアプリまで揃っています。

オープンソースで開発されているので、完全に無料で使えて、鬱陶しい広告もありません

シンプル・軽量で人気のソフトですが、デフォルトの状態では市販・レンタルのコピーガードされたブルーレイディスクは再生できません。

VLC media playerでコピーガードのブルーレイを再生する方法は、こちらの記事を参考にしてください。

Leawo Blu-ray Player

Leawo Blu-ray Playerで映画TENET テネットを鑑賞

Leawo Blu-ray Playerは、無料で使える優秀なメディアプレイヤーです。

Blu-ray・DVD・ISO・4K動画等を再生可能で、Windows・Mac版の2つが用意されています。

使用するには、Java(JRE)もインストールする必要があります。

無料版は一時停止させるとポップアップ広告が出ますが、映像を見るのに全然邪魔にはなりません。

有料のプレミアムバージョンにアップグレードすると、広告なしになり、ブルーレイ・DVDのMKV変換機能を使用できるようになります。

Macgo Windows Blu-ray Player

Macgo Windows Blu-ray Playerで映画TENET テネットを鑑賞

Macgo Windows Blu-ray Playerも無料で使えることは使えますが、どちらかというと製品の体験版です。

無料の状態だと、ウォーターマーク(透かし)が入った状態で映像を再生できます。

Leawo Blu-ray Playerと同じく、Blu-ray・DVD・ISO・4K動画等が再生可能となっています。

有料のブルーレイ再生ソフト

次に、有料のブルーレイ再生ソフトを紹介します。

PowerDVD Ultra

PowerDVD Ultraのインターフェース

CyberLink社(サイバーリンク)のPowerDVDは、動画再生のパッケージソフトとして一番有名ですね。

エディションは、Standard・Pro・Ultra・365(サブスクリプション版)に分かれており、ブルーレイディスクの再生が可能なのはProエディション以上です。

Ultra・365エディションは、Ultra HD Blu-rayや8K動画・VR動画再生にも対応していて、かなり高機能。

とりあえず一般的なブルーレイディスクが再生したいだけならProエディション、全機能を利用したいならUltraエディションか、365エディションを選択しましょう。

機能と金額のバランス的には、これ一つで全て済むUltraエディションがおすすめです。

PowerDVD Ultraiconの詳細は、こちらのリンクからご確認いただけます。

【2021年3月11日まで】CyberLink公式サイトでは20%OFF!

PowerDVDのレビューとエディション比較は、こちらの記事を参考にしてください。

WinDVD Pro

Corel社(コーレル)のWinDVDは、国内メーカーのPCによくプリインストールされているメディアプレイヤーです。

機能面ではPowerDVDに劣るものの、その分価格は安め。

Blu-ray 3Dにも対応した再生ソフトです。

WinDVD Proiconの詳細は、こちらのリンクからご確認いただけます。

ブルーレイ再生ソフト まとめ

今回は、無料・有料のブルーレイ再生ソフトを紹介しました。

メディアプレイヤー無料/有料対応OS
VLC media player無料Windows
Mac OS X
Linux
Chrome OS 等
Leawo Blu-ray Player無料Windows
Mac OS X
Macgo Windows Blu-ray Player無料
(ウォーターマークあり)
Windows
PowerDVD Ultraicon有料Windows
WinDVD Proicon有料Windows

無料のものは、デフォルトの状態では再生できなかったり、広告があったり、多少の制限があります。

それらが煩わしかったら有料のものを選択、とにかく安くしたいなら無料のものを選びましょう。

ソフトウェア
\よかったらシェアしてね/
えふめん

大阪在住、30代。
業務系SE・社内SEの仕事を通じて学んだこと、PCトラブルで困って調べたこと、手作業を効率化して改善したこと、自作デスクトップPCのこと、WordPressのブログ運営などの記事を書いています。

えふめんをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました