【CyberLink PowerDVD レビュー】高機能メディアプレイヤーのエディション比較

CyberLink PowerDVD レビューソフトウェア
この記事は約7分で読めます。

CyberLink(サイバーリンク)のPowerDVDは、高機能メディアプレイヤーです。

メディアプレイヤーの有料パッケージソフトの中では最もメジャーで、14年連続国内販売本数No.1。

ブルーレイディスクの再生ソフトとしても使えて便利なPowerDVDについて、エディションの違いと機能を紹介してレビューします。

この記事はこんな人におすすめ
  • WindowsのPCを使っている
  • ブルーレイ再生ソフトが必要
  • 使いやすいメディアプレイヤーが欲しい
  • PowerDVDはどのエディションを選べばいいか知りたい

その他のブルーレイ再生ソフト・メディアプレイヤーについては、こちらの記事を参考にしてください。

【2021年4月発売】最新版!

各エディションの比較

PowerDVDには、通常版(買い切り)とサブスクリプション版(年額制)の4つのエディションがあります。

エディション分類
Standard通常版
Pro通常版
Ultra通常版
365サブスクリプション版

機能の違い

PowerDVD エディション比較iconのページを参考に、2021年4月の最新バージョン「PowerDVD 21」の主な機能を比較すると、以下のようになります。

機能StandardProUltra・365
DVD再生
Blu-ray再生×
Ultra HD Blu-ray××
ISOファイル再生××
動画形式4K/HD動画
MPEG-4 AVC
(H.264)
MKV
FLV
MOV
3GPP
4K/HD動画
MPEG-4 AVC
(H.264)
MKV
FLV
MOV
3GPP
8K動画
4K/HD動画
MPEG HEVC
(H.265)
MPEG-4 AVC
(H.264)
HDR再生
MKV
FLV
MOV
3GPP
音声形式Dolby Digital /
Dolby Digital Plus
(5.1ch)
Dolby Digital /
Dolby Digital Plus /
Dolby TrueHD
(5.1ch)
Dolby Digital
(5.1ch)
Dolby Digital Plus /
Dolby TrueHD
(7.1ch)
オンライン動画
(YouTube・Vimeo)
×4K/フルHD動画
オフライン再生
360度動画
HDR動画
8K動画
4K/フルHD動画
オフライン再生
360度映像 VRモード××360度動画
VRオーディオ
TrueTheater技術Color
Sound
HD
Lighting
Color
Sound
HD
Lighting
Color
Sound
HD
HDR(4K対応)
Lighting
メディアキャスティング
(Apple TV・Fire TV・
Chromecast・Roku)
××
メディアストリーミング
(iOS・Android・PC・
Webブラウザー)
××
サイバーリンククラウド××
100GB/1年

Ultraエディションと365エディションの使える機能は同じです。

おすすめはUltraエディション、CyberLink公式サイトが最安値

PowerDVD 21 Ultra |ダウンロード版

4つのエディションがありますが、おすすめはUltraエディションです。

まず、Standardエディションはブルーレイディスクに対応しておらず、DVDのみ再生可能です。
ブルーレイディスクを再生したいなら、Proエディション以上を選択することになります。

Ultra・365エディションは全機能使用できて、Proエディションと比べるとかなりの差が。

そして、Ultraエディションは公式サイトでよく割引されているので、一番お得なんですよね。

PowerDVD Ultraiconの詳細は、こちらのリンクからご確認いただけます。

【2021年4月発売】最新版!

通常版はいつまで使えるか

Ultraエディションは買い切りの通常版なので、いつまで使えるのかが気になるところ。

バージョンアップはだいたい1年に1度、4月に新製品として販売開始されています。

そして、次のバージョンアップまでの間は、不具合対応などのアップデートパッチプログラムが提供されているようです。

新しいバージョンが出たらすぐに古いバージョンが使えなくなるかというと、そんなことはありません。

新しい規格ができたり、市販・レンタルのコピーガードのディスクは新しい作品が出るに従って、ソフト側での対応も必要になってきます。

それでも、1~2年程度は全然問題ないでしょう。

PowerDVD Ultraiconの詳細は、こちらのリンクからご確認いただけます。

【2021年4月発売】最新版!

PowerDVD Ultraエディションの機能紹介

CyberLink PowerDVDのインターフェース

PowerDVD Ultraエディションの主な機能を紹介します。

Ultra HD Blu-rayディスク対応

Ultra HD Blu-rayディスクとは、ブルーレイディスクの後継の規格です。

「4K Ultra HD Blu-ray」とも表記され、解像度は以下の通り。

ディスク解像度
Ultra HD Blu-ray4K UHD
(3840×2160px)
Blu-rayFHD
(1920×1080px)

最近の市販・レンタルのブルーレイで、Ultra HD Blu-rayディスクを採用しているものもかなりあります。

通常のブルーレイディスクの倍の解像度なので、より綺麗な映像を楽しめますね。

ただし、この高解像度での再生にはUltra HD Blu-rayディスク対応のブルーレイドライブが必要です。

【30日間無料体験】Amazonプライム会員なら配送料無料ですぐ届く!

僕の使用しているI-O DATAの外付けポータブルブルーレイドライブは、Ultra HD Blu-rayディスク非対応でした。
そのうち買い替えようかと思います。

8K・4K・VR動画対応

PowerDVD Ultraは、多くの動画形式に対応しており、8K・4K・VR動画にも対応しています。

まさに、これ1つでオールマイティという感じ。

8K・4K対応のPCモニターを使用していないという方も多いと思いますが、テレビへのキャスティングも可能ですよ。

キャスティング・ストリーミング・クラウドでどこでも再生可能

PowerDVD Ultraは、Apple TV・Fire TV・Chromecastといったキャスティングデバイスに対応しているので、PCのコンテンツをワイヤレスで転送し、大画面・高画質のテレビでも観ることができます。

そして、自宅ではホームメディアセンターとして活用でき、他のPCやスマホ・タブレットへメディアストリーミングで再生可能です。

また、サイバーリンククラウドにコンテンツをアップロードしておけば、外出先でもスマホやタブレットで視聴可能です。

PowerDVD Ultraiconの詳細は、こちらのリンクからご確認いただけます。

【2021年4月発売】最新版!

PowerDVD Ultraの動作環境と無料体験版

CyberLink PowerDVDの動作環境
出典:PowerDVD Ultra 動作環境icon

PowerDVD Ultraの動作環境は、公式サイトにやたらと細かく記述されています。

比較的新しいWindows 10のPCなら、8K動画再生などを除いた通常の使用では問題ないです。

CyberLink公式サイトiconには無料体験版があるので、まずはそちらで試してみることをおすすめします。

また、PowerDVD Ultra 動作環境iconのページにはブルーレイの再生環境チェックツールもありますよ。

CyberLink PowerDVD まとめ

今回は、CyberLink PowerDVDをレビューしました。

まとめ
  • PowerDVDはUltraエディションが一番お得でおすすめ
  • Ultra HD Blu-rayディスク対応
  • 8K・4K・VR動画対応
  • キャスティング・ストリーミング・クラウドを利用して、テレビ・スマホ・タブレットでどこでも再生可能

ブルーレイディスクも再生できる高機能メディアプレイヤーで、これ1つでオールマイティに使えます。

テレビ・スマホでも視聴できるので、エンタメ生活が充実しますよ。

PowerDVD Ultraiconの詳細は、こちらのリンクからご確認いただけます。

【2021年4月発売】最新版!

ソフトウェア
\よかったらシェアしてね/
えふめん

大阪在住、30代。
業務系SE・社内SE。

PCトラブルの調査、自作デスクトップPCのこと、PC周辺機器のレビューなどの記事を書いています。

えふめんをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました