Tera Termのショートカットにコマンドラインオプションを指定してサーバーへの接続先情報の入力を省略する方法

Softwareソフトウェア
この記事は約3分で読めます。

Tera TermでサーバーへSSH接続する場合、コマンドラインオプションを設定したショートカットを作成して、サーバーの接続先情報の入力を省略する方法がスマートかもしれない。

ということで、やってみた。

ちなみに、当ブログはエックスサーバーを利用して運用しているが、たまにSSH接続を行うので。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • Windows 10 Pro(64bit)
  • Tera Term Version 4.99

Tera Termのショートカット作成

Tera Term

Tera Termのプログラム本体である「ttermpro.exe」のショートカットを作成し、プロパティを開く。(デフォルトなら、「C:\Program Files (x86)\teraterm」にある)

で、リンク先に以下のように付け加える。

【構文】
 "C:\Program Files (x86)\teraterm\ttermpro.exe" [ユーザーID]@[ホスト名]:[ポート番号] /ssh2 /auth=publickey /user=[ユーザーID] /keyfile=[キーファイルのパス] /ask4passwd

 【例-公開鍵認証】
 "C:\Program Files (x86)\teraterm\ttermpro.exe" myuser@mydomain.com:22 /ssh2 /auth=publickey /user=myuser /keyfile=C:\Users\myuser\mykey.ppk /ask4passwd

 【例-パスワード認証】
 "C:\Program Files (x86)\teraterm\ttermpro.exe" myuser@mydomain.com:22 /ssh2 /auth=password /user=myuser /ask4passwd

ここでは、SSH2で公開鍵認証とパスワード認証のものを記述している。

「/ask4passwd」で自動ログインせずにパスワードを聞くようになる。
パスワード認証の場合、「/ask4passwd」を消して「/passwd=[パスワード]」でパスワード入力も省略できるが、セキュリティ上あまり良くないのでやめた方がいいと思う。

その他設定可能なオプションは、TTSSHコマンドラインを参考に。

接続先情報入力でホスト名に入力しても可能

Tera Term

上記はショートカットを作成してそこに設定したが、いろいろ触ってるうちにTera Term起動後の接続先情報入力で、ホスト名のところに同じように入力しても可能だとわかった。

この場合、「ヒストリ」にチェックしておけば、Tera Term設定ファイル(TERATERM.INI)にホスト情報が登録されて、次回からプルダウンで選択できるようになる。

デフォルトの認証設定

ついでに、デフォルトで使用するユーザー名や認証方式などを設定する方法を。

Tera Term

Tera Termを起動して、「設定」⇒「SSH認証」を開くと、デフォルト設定画面が開くので、こちらに入力しておけばOK。

ただし、複数よく使う接続先があるのであれば、やっぱりショートカットを作成しておく方法が良いかなぁ。

最後に

Tera Termのショートカットにコマンドラインオプションを指定して、サーバーへの接続先情報の入力を省略できるので作っておけば便利だ。

ソフトウェア
えふめん

大阪在住、30代。
業務系SE・社内SEの仕事を通じて学んだこと、PCトラブルで困って調べたこと、手作業を効率化して改善したこと、WordPressのブログ運営などの記事を書いています。

えふめんをフォローする
\よかったらシェアしてね/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました