【Logicool Unifying】複数PCでマウス・キーボードを使う方法

複数PCでLogicool Unifying対応のマウス・キーボードを使う方法ハードウェア
この記事は約5分で読めます。

Logicool Unifyingは、ロジクール社独自のマウス・キーボードを無線接続できるワイヤレステクノロジーです。

デスクトップPCとノートPCなど、複数のPCを持っている場合は、使用感が変わらないようにマウス・キーボードを共通で使いたい人も多いはず。

僕はデスクトップPC2台を、共通のUnifying対応マウス・キーボードで切り替えて使用しています。

この記事では、複数のPCで共通のUnifying対応マウス・キーボードを使う3つの方法を比較して紹介します。

この記事はこんな人におすすめ
  • 複数のPCを持っている人
  • マウス・キーボードは共通で複数PCを使いたい人

複数PCでUnifying対応マウス・キーボードを使う3つの方法を比較

Logicool Unifying USBアダプタ

今回比較する複数PCでUnifying対応マウス・キーボードを使う方法は、以下の3つです。

これら3つの方法を、確実に切替できるか、手間、費用の観点で比較すると、以下のようになります。

レシーバー差し替えUSB切替器Easy-Switch
確実に切替可能か
手間が少ない
費用が安い

それぞれの詳細を次で解説しますね。

Unifyingレシーバーを差し替える

複数PCでUnifyingを使う方法:Unifyingレシーバーを差し替える

1つ目は、Unifyingレシーバーを差し替える方法です。

Unifyingレシーバーを1つ使って、マウス・キーボードをワイヤレス接続したい複数のPCにそれぞれペアリングしておきます。

PCを切り替えたいときに、Unifyingレシーバーを抜いて接続するPCに挿します。

物理的に抜き挿しするので手間はかかりますが、確実に切替できて、Unifying対応の安いマウス・キーボードを選べば費用も抑えることができます

僕は、Unifyingレシーバーを差し替える方法でSE-M705K270を使用していました。

【30日間無料体験】Amazonプライム会員なら配送料無料(一部除く)!
【30日間無料体験】Amazonプライム会員なら配送料無料(一部除く)!

SE-M705、K270の詳細は、こちらの記事で解説しています。

USB切替器を使用する

複数PCでUnifyingを使う方法:USB切替器を使用する

2つ目は、USB切替器を使用する方法です。

USB切替器を用意して有線で複数のPCと接続し、そこにUnifyingレシーバーを挿入します。

そして、USB切替器のボタンを押して、接続先を切り替えます。

ただし、USB切替器を使用する方法は確実に接続できるかが若干怪しいですね。

機種によっては思ったように動作しない可能性があるので、あまりおすすめはできません

【30日間無料体験】Amazonプライム会員なら配送料無料(一部除く)!

Easy-Switch対応マウス・キーボードを使用する

複数PCでUnifyingを使う方法:Easy-Switch対応マウス・キーボードを使用する

最後は、Easy-Switch対応マウス・キーボードを使用する方法です。

Logicoolは、3台までのデバイスを切り替えることができるEasy-Switch機能を搭載したマウス・キーボードを販売しています。

ワイヤレス接続したいPCにUnifyingレシーバーを挿してペアリングしておけば、マウス・キーボードのボタン1つで切替できるので、手間は少なく確実に接続できます

マウスとキーボードを購入すれば、それぞれ1つずつUnifyingレシーバーが付属しているので、接続先PCが2台までならレシーバーの追加購入は不要。

気になるのは、Easy-Switch対応マウス・キーボードは非対応の製品に比べると、価格がやや高いという点だけ。

Easy-Switch対応製品はどのような機種があるのか、次で紹介します。

Easy-Switch対応マウス・キーボードの比較

LogicoolのEasy-Switch機能を搭載したマウス・キーボードを紹介します。

MX Masterシリーズ

ロジクール アドバンスド ワイヤレスマウス MX Master 3 MX2200sGR Unifying Bluetooth 高速スクロールホイール 充電式 FLOW 7ボタン windows Mac iPad OS 無線 ワイヤレス マウス MX2200 グラファイト 国内正規品
ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS 充電式 bluetooth Unifying Windows Mac FLOW ワイヤレス 無線 キーボード 国内正規品

MX Masterシリーズは、Logicoolのマウス・キーボードの中でも最上位モデルです。

価格は1万円以上なので、高級マウス・キーボードの部類に入るかと。

クリエイターやプログラマー向けに設計されており、パフォーマンスを引き出せるよう細部にこだわった作りになっています。

なかなか手が出にくい価格ですが、いつかは使ってみたいとそそられるものがありますね。

【30日間無料体験】Amazonプライム会員なら配送料無料(一部除く)!
【30日間無料体験】Amazonプライム会員なら配送料無料(一部除く)!

マルチデバイスマウス・キーボード

MX Masterシリーズよりも安価なEasy-Switch機能搭載のマウス・キーボードなら、M720r TRIATHLONK370sがおすすめです。

M720r TRIATHLONは、手にフィットしやすい形状の使いやすいフルサイズマウス。

K370sは、静かで軽い打鍵感のキーボード。

どちらもEasy-Switch機能を搭載しているので、3台までのPC・タブレットをペアリングしてボタン1つで切り替えることができます。

僕は、デスクトップPC2台にUnifyingレシーバーを挿して、マウス・キーボードは共通で切り替えて使用しています。

切替が簡単なので、とても便利ですよ。

M720r TRIATHLONK375sの詳細はこちらのリンクからご確認いただけます。

【30日間無料体験】Amazonプライム会員なら配送料無料(一部除く)!
【30日間無料体験】Amazonプライム会員なら配送料無料(一部除く)!

M720r TRIATHLON、K370sの使用感は、こちらの記事で解説しています。

複数PCでUnifying対応マウス・キーボードを使う方法 まとめ

この記事では、複数のPCで共通のUnifying対応マウス・キーボードを使う3つの方法を比較して紹介しました。

レシーバー差し替えUSB切替器Easy-Switch
確実に切替可能か
手間が少ない
費用が安い

手間はかかるけど安く済ませたいなら、Unifyingレシーバーを挿し替える方法を選択しましょう。

簡単で確実さを求めるなら、Easy-Switch機能搭載のマウス・キーボードを購入するのがベストです。

Easy-Switch機能搭載のマウス・キーボードは、手頃な価格のM720r TRIATHLONK375sがおすすめですよ。

【30日間無料体験】Amazonプライム会員なら配送料無料(一部除く)!
【30日間無料体験】Amazonプライム会員なら配送料無料(一部除く)!
ハードウェア
\よかったらシェアしてね!/
えふめん

大阪在住、30代。
業務系SE・社内SE。

PCトラブルの調査、自作デスクトップPCのこと、PC周辺機器のレビューなどの記事を書いています。

えふめんをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました