UbuntuのGRUBブートローダーをBoot Repairで修復する手順

Ubuntu Linux
この記事は約4分で読めます。

先日、ブータブルUSBドライブを使用して、Ubuntu Live USBメモリを作成しました。

そのUbuntu Live USBメモリで、ソフトウェアのアップデートを行ったところ、いつものGRUBブートローダー画面が立ち上がらず、「Minimal BASH-like line editing is supported.」というメッセージの画面が出てきました。
いろいろ試して、最終的にはBoot Repairでブートローダーを修復し、復活しました。

なお、今回のバージョンは以下の通りです。

  • Ubuntu Desktop 日本語 Remix 18.04.2 LTS
  • GNU GRUB version 2.02
  • Boot Repair 4ppa65
スポンサーリンク

「Minimal BASH-like line editing is supported.」の状態で試したこと

Ubuntu GRUB Boot Repair

「Minimal BASH-like line editing is supported.」のメッセージ画面には、GRUBコンソールでコマンド打てるみたいだったので、調べていろいろ試しました。

  • lsコマンドでgrub.cfgファイルを見つけて、configfileコマンドを実行する。
  • bootと入力する。
  • UEFIのセキュアブートをオフにする。

などやってみましたが、以下のようになってどれもダメっぽいです。
hd0のディスクって、端末のWindows 10がインストールされてるディスクみたいなんやけど…。

GNU GRUB version 2.02

Minimal BASH-like line editing is supported. For the first word, TAB lists possible command completion. Anywhere else TAB lists possible device or file completions.

grub> ls
(hd0) (hd0,gpt6) (hd0,gpt5) (hd0,gpt4) (hd0,gpt3) (hd0,gpt2) (hd0,gpt1)

grub> ls (hd0,gpt6)
(hd0,gpt6): Filesystem is fat.

grub> ls (hd0,gpt6)/grub/
error: file '/grub/' not found.

grub> boot
error: you need to load the kernel first.

分かったことは、

  • exitと入力すると、この画面が消えて端末のWindows 10が起動する。
  • BIOS/UEFIのブートメニューでUbuntuを指定すると、通常通りGRUBブートローダーが起動する。

ということです。
結局、どういう状態になっているのかよく分からない。。

Boot Repairのインストール

調べていると、Boot Repairというツールで直せるという情報があったので、仕方なくそれに頼ることにしました。
まずは、Boot Repairをインストールします。

Ubuntu GRUB Boot Repair

先に、ソフトウェアとアップデートのオプションで、「コミュニティによってメンテナンスされるフリー/オープンソースソフトウェア(universe)」にチェックが入っていることを確認しておきます。
続いて、以下のコマンドでリポジトリの追加とBoot Repairのインストールを行います。

$ sudo add-apt-repository ppa:yannubuntu/boot-repair
$ sudo apt install -y boot-repair
  • aptコマンドのオプション
    • -y … 処理中に現れるプロンプトに対して常に”yes”と解答する。

Boot Repairでブートローダーの修復

インストールが完了したら、Boot Repairを起動します。

Ubuntu GRUB Boot Repair

「おすすめの修復」を実行します。

Ubuntu GRUB Boot Repair

「BIOSでSecureBootを無効にしてください。」と怒られました。
無効にして再度実行しました。

Ubuntu GRUB Boot Repair

しばらく待つと、「pastebinにレポートをアップロード?」と聞かれるので、「No」としました。

Ubuntu GRUB Boot Repair

ブートが正常に修復されたようです。
この内容は、テキストファイル(/var/log/boot-repair/yyyyMMdd_HHmmss/Boot-Info_yyyyMMdd_HHmmss.txt)にも出力されています。

Ubuntu GRUB Boot Repair

というわけで、GRUBブートローダーが起動できるようになりました。
やたらメニューが増えたけど…。

最後に

今回は、Ubuntu Live USBメモリのGRUBブートローダーをBoot Repairで修復しました。
無事に、「Minimal BASH-like line editing is supported.」というメッセージの画面から抜け出すことができました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Linux
えふめん

業務系SE・社内SEの仕事を通じて学んだことや調べたことを書いています。

えふめんをフォローする
\よかったらシェアしてね/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました