Linux(CentOS)へApache HTTP Serverをインストール

CentOSLinux
この記事は約3分で読めます。

Linux(CentOS)に「Apache HTTP Server」をインストールする。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • CentOS-6.4-i386

Apache HTTP Serverのインストールと起動

以下のコマンドでApacheをインストールし、起動させる。

#Apacheのインストール
$ yum install httpd

#Apacheの起動
$ /etc/init.d/httpd start

#Apacheの起動の確認
$ /etc/init.d/httpd status
httpd (pid 1297) を実行中...

iptablesで80番ポートを開放

今回ApacheをインストールしたCentOSは、VMware上の仮想OSだったのだが、上記だけでアクセスできると思ったが、なぜかアクセスできない。

調べてみたら、どうやらポートが開いていない可能性が。

Linuxのファイアウォールは「iptables」とやらで、こいつがインストールされている場合、80番ポートを開放してやる必要がある。

#iptablesがインストールされているか確認
$ yum list installed iptables

#iptablesの設定内容確認(参考)
$ iptables -L

#iptablesの設定を編集
$ vi /etc/sysconfig/iptables

「iptables」ファイルを開くと、SSHの22番ポートが記載されていたので、これをコピーし、80番ポート用に編集した。

# SSH
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
# HTTP
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 80 -j ACCEPT

「iptables」ファイルの編集が終了したら、以下のコマンドでiptablesを再起動する。

#iptablesの再起動
$ /etc/rc.d/init.d/iptables restart

そうすると、80番ポートが開放され、無事にブラウザから「http://CentOSのIPアドレス/」でApacheへアクセスできました。

Apache画面

httpdのサービス自動起動

最後に、Apacheのサービス「httpd」を自動起動にしておく。

これで、CentOS起動時にサービスが自動起動されるようになった。

#サービス自動起動の確認
$ chkconfig --list httpd
httpd           0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off

#PostgreSQLのサービスを自動起動にする
$ chkconfig httpd on

#サービス自動起動の確認
$ chkconfig --list httpd
httpd           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

参考サイト

VMware PlayerにCentOS導入。練習用Webサーバーを構築4

Linux
えふめん

大阪在住、30代。
業務系SE・社内SEの仕事を通じて学んだこと、PCトラブルで困って調べたこと、手作業を効率化して改善したこと、WordPressのブログ運営などの記事を書いています。

えふめんをフォローする
\よかったらシェアしてね/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました