Linux(CentOS)へSSH接続するための設定

CentOSLinux
この記事は約3分で読めます。

Linux(CentOS)へ「SSH」接続するための設定。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • CentOS-6.4-i386
  • Windows 7 Professional SP1(32bit)
  • Tera Term 4.78
  • WinSCP 5.1.4

OpenSSHのインストール

「yum」コマンドで、「openssh」と「openssh-server」をインストールする。

#OpenSSHのインストール
$ yum install openssh

#OpenSSH-Serverのインストール
$ yum install openssh-server

OpenSSHの設定

「/etc/ssh/sshd_config」を編集する。

なお、編集する前にデフォルトファイルとしてコピーしておくとよい。

#デフォルトファイルをバックアップ
$ cp /etc/ssh/sshd_config /etc/ssh/sshd_config.default

#「sshd_config」ファイルを編集
$ vi /etc/ssh/sshd_config

今回は、以下の2点を編集し、「root」でログインできないようにし、パスワード認証を有効にした。

また、ログインはユーザー「myuser」のみ可能にした。

<以下を編集>
PermitRootLogin no
PasswordAuthentication yes

<以下を最終行に追加>
DenyUsers ALL
AllowUsers myuser

OpenSSHの再起動

以下のコマンドで再起動し、設定が反映される。

#OpenSSH(sshd)の再起動
$ /etc/init.d/sshd restart

これで、SSH接続するための設定が完了した。

Tera Termのインストールと接続

クライアントのWindowsにSSHクライアントソフトウェアの「Tera Term」をインストールする。

ダウンロードはこちらから。

Tera Termを起動し、「ホスト」にIPアドレスを入力し、「サービス」に「SSH」を選択する。

「SSH認証」画面で、ユーザー、パスワードを入力すれば、CentOSへSSH接続できる。

WinSCPのインストールと接続

クライアントのWindowsにSFTPクライアントソフトウェアの「WinSCP」をインストールする。

ダウンロードはこちらから。

WinSCPを起動し、「新規」で「セッション」を開き、以下を設定し、保存する。

  • ファイルプロトコル…SFTP
  • ホスト名…CentOSのIPアドレス
  • ポート番号…22
  • ユーザ名…接続許可したCentOSのユーザー名
  • ユーザ名…接続許可したCentOSのユーザーパスワード

「ログイン」でパスワードを入力すれば、SFTP接続できる。

参考サイト

Debian SSHサーバとクライアントの設定

Linux
えふめん

大阪在住、30代。
業務系SE・社内SEの仕事を通じて学んだこと、PCトラブルで困って調べたこと、手作業を効率化して改善したこと、WordPressのブログ運営などの記事を書いています。

えふめんをフォローする
\よかったらシェアしてね/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました