Linux(CentOS)へRubyをソースコードからインストール

CentOSLinux
この記事は約4分で読めます。

Linux(CentOS)に「Ruby」をインストールする。

yumコマンドでインストールしようと思ったら、バージョンが「1.8」(正確には「1.8.7.352-10.el6_4」)だったので、ソースコードから最新の「2.0.0-p195」をインストールしようと思ったわけです。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • CentOS-6.4-i386
  • Ruby 2.0.0-p195
スポンサーリンク

Rubyソースコードの入手

Ruby公式サイトよりソースコードのURLをコピーする。

今回のバージョンのやつは、「ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/2.0/ruby-2.0.0-p195.tar.gz」でした。

以下のコマンドで、ソースコードを入手する。

#wgetのインストール(インストールされていない場合)
$ yum install wget

#Rubyソースコードのダウンロード
$ wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/2.0/ruby-2.0.0-p195.tar.gz

#アーカイブの展開
$ tar xvzf ruby-2.0.0-p195.tar.gz

#ディレクトリ移動
$ cd ruby-2.0.0-p195

なお、アーカイブファイル(.tar.gz)の圧縮・展開コマンドは「tar」コマンド。

アーカイブファイル(.tar.gz)に対して解凍する場合は、お決まりのようにオプション「xvzf」を使用するが、その詳細は以下です。

  • -x…アーカイブからファイルを取り出す
  • -v…詳細な情報を表示する
  • -z…gzipによる圧縮/展開を行う
  • -f ファイル名…アーカイブファイル名を指定する

Rubyのインストール

アーカイブを展開したディレクトリへ移動したので、ここでインストールを行う。

コマンドは以下。

#gccのインストール(インストールされていない場合)
$ yum install gcc

#makeのインストール(インストールされていない場合)
$ yum install make

#「configure」を実行し、Makefile生成
$ ./configure
checking build system type... i686-pc-linux-gnu
…
(省略)
…
checking for nroff... /usr/bin/nroff
.ext/include/i686-linux/ruby/config.h updated
verconf.h updated
ruby library version = 2.0.0
configure: creating ./config.status
config.status: creating Makefile
config.status: creating ruby-2.0.pc

#makeコマンドでコンパイル
$ make

#makeコマンドでインストール
$ make install

#Rubyバージョン確認
$ ruby -v
ruby 2.0.0p195 (2013-05-14 revision 40734) [i686-linux]

Rubyが無事インストールされた。

なお、gccをインストールしていない場合、「configure」を実行の際、以下のようなコンパイラがないというエラー「no acceptable C compiler found in $PATH」になるので注意。

$ ./configure
checking build system type... i686-pc-linux-gnu
checking host system type... i686-pc-linux-gnu
checking target system type... i686-pc-linux-gnu
checking for gcc... no
checking for cc... no
checking for cl.exe... no
configure: error: in `/home/hide/ruby-2.0.0-p195':
configure: error: no acceptable C compiler found in $PATH
See `config.log' for more details

ちなみに、アンインストールする場合は以下のコマンド。

インストール時のMakefileが必要みたい。

#makeコマンドでアンインストール
$ make uninstall

参考サイト

LPIC レベル1 ソースコードからのパッケージインストール – Linux初心者の基礎知識

RPM を使わずに make install した場合のアンインストール方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Linux
えふめん

業務系SE・社内SEの仕事を通じて学んだことや調べたことを書いています。

えふめんをフォローする
\よかったらシェアしてね/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました