Linux UbuntuのLive USBメモリを作成する手順

UbuntuLinux
この記事は約4分で読めます。

前回の記事で、ISOイメージファイルを使用して、UbuntuのブータブルUSBドライブを作成しました。

今回は、そのブータブルUSBドライブを使用して、USBフラッシュメモリにUbuntuをインストールしてLive USBメモリを作成します。
お試し程度に使えるブータブルUSBドライブとは違い、Live USBメモリはUbuntuを通常インストールしたものです。
そのため、アプリケーションのインストールやファイルの保存など、通常のUbuntuと同じように使用できます。

なお、今回のバージョンは以下の通りです。

  • Ubuntu Desktop 日本語 Remix 18.04.2 LTS

USBメモリを挿してデバイス確認

今回は、32GBのUSBメモリを用意しました。
8GBだと容量不足だと思うので、16GB以上であればよいと思います。

ブータブルUSBドライブを起動し、USBメモリを挿して、dmesgコマンドで認識されたデバイスを確認しておきます。

$ dmesg
…
[   97.392202] sd 4:0:0:0: [sdc] 61685760 512-byte logical blocks: (31.6 GB/29.4 GiB)
[   97.392761] sd 4:0:0:0: [sdc] Write Protect is off
[   97.392764] sd 4:0:0:0: [sdc] Mode Sense: 43 00 00 00
[   97.393325] sd 4:0:0:0: [sdc] Write cache: enabled, read cache: enabled, doesn't support DPO or FUA
[   97.397938]  sdc: sdc1
[   97.400002] sd 4:0:0:0: [sdc] Attached SCSI removable disk

ディスクは「sdx」になるので、端末本体のディスク、ブータブルUSBドライブに続いて、3つ目のディスクで「sdc」となっていました。

fdiskコマンドでも確認しておきます。

$ sudo fdisk -l
…
ディスク /dev/sdc: 29.4 GiB, 31583109120 バイト, 61685760 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0xc3072e18

デバイス   起動 開始位置 最後から   セクタ サイズ Id タイプ
/dev/sdc1            224 61685759 61685536  29.4G  c W95 FAT32 (LBA)
  • fdiskコマンドのオプション
    • -l … パーティション情報を表示する。

Takao Pゴシックでインストーラー画面のはみ出し対応

Ubuntuのインストールを始める前に、Takao Pゴシックをインストールしておきます。
というのも、そのままだとUbuntuのインストーラー画面が大きくて画面からはみ出し、下の方にあるボタンを押せないからです。

以下のコマンドでインストールしました。

$ sudo apt install fonts-takao-pgothic

Ubuntuのインストール

Ubuntu Live USBメモリ

デスクトップの「Ubuntu 18.04.2 LTSのインストール」をダブルクリックして、インストールを開始します。

Ubuntu Live USBメモリ

日本語を選択します。

Ubuntu Live USBメモリ

日本語のキーボードレイアウトを選択します。

Ubuntu Live USBメモリ

インストールは「通常のインストール」で。
ネットワークに接続されている場合は、「Ubuntuのインストール中にアップデートをダウンロードする」にチェックしておきます。

Ubuntu Live USBメモリ

先ほど挿したUSBメモリをアンマウントしておきます。
「はい」を選択します。

Ubuntu Live USBメモリ

端末にはWindowsがインストールされているので、消さないように。
USBメモリにインストールするので、「それ以外」を選択します。

Ubuntu Live USBメモリ

パーティションをどう分けるかを決めます。
とりあえずスワップ領域を4GBだけ確保して、残りの容量は全部マウントポイント ルートにしました。

フォーマットマウントポイント容量
ext4/27GB(残り全部)
スワップ領域4GB
Ubuntu Live USBメモリ

ディスクに変更を書き込みます。

Ubuntu Live USBメモリ

インストールが始まりました。
タイムゾーンを設定します。

Ubuntu Live USBメモリ

ユーザーアカウントを設定します。

Ubuntu Live USBメモリ

インストールが進行します。

Ubuntu Live USBメモリ

インストールが完了しました。
PCを再起動して、ブータブルUSBドライブの方は抜いて、出来上がったLive USBメモリを選択して起動します。

Ubuntu Live USBメモリ

Ubuntuを選択してブートします。

Ubuntu Live USBメモリ

ということで、Hello, Ubuntu!!

最後に

今回は、ブータブルUSBドライブを使用して、USBフラッシュメモリにUbuntuをインストールしてLive USBメモリを作成しました。
LinuxのUSBメモリは、1つ作っておくと何かと便利です。

Linux
えふめん

大阪在住、30代。
業務系SE・社内SEの仕事を通じて学んだこと、PCトラブルで困って調べたこと、手作業を効率化して改善したこと、WordPressのブログ運営などの記事を書いています。

えふめんをフォローする
\よかったらシェアしてね/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました