Linuxで新規ユーザー作成・パスワード変更・ユーザー削除

Linux Linux
この記事は約2分で読めます。

Linuxで新規ユーザー作成・パスワード変更・ユーザー削除する方法のメモ。

スポンサーリンク

Linuxで新規ユーザー作成するコマンドは「adduser」、もしくは「useradd」。

主なオプションは以下のよう。

  • 「-d」…ログインディレクトリを指定
  • 「-g」…グループを指定
  • 「-s」…ログインシェルを指定

作成したユーザーのパスワードを変更するコマンドは「passwd」。

作成したユーザーの設定を変更するコマンドは「usermod」。

主なオプションは以下のよう。

  • 「-d」…ログインディレクトリを変更
  • 「-g」…グループを変更
  • 「-s」…ログインシェルを変更

ユーザー削除するコマンドは「userdel」。

主なオプションは以下のよう。

  • 「-r」…ホームディレクトリも同時に削除
#ユーザー作成
$ useradd -d /home/test -s /bin/bash ユーザー名
$ adduser -d /home/test -s /sbin/nologin ユーザー名

#パスワード変更
$ passwd ユーザー名

#ユーザー設定変更
$ usermod -d /home/test -s /sbin/nologin ユーザー名

#ユーザー削除
$ userdel -r ユーザー名

なお、パスワードポリシーファイルは以下のようです。

#パスワードポリシーファイル(日数など)
/etc/login.defs

#パスワードポリシーファイル(文字列の詳細設定など)
/etc/pam.d/system-auth

参考サイト

Linuxのお勉強(CentOSとApache):CentOSでユーザーを追加・削除する(LINUX) – livedoor Blog(ブログ)

Linux ユーザーアカウントの削除 – userdel

CentOS 5 – パスワードポリシーを設定する : Server World

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Linux
えふめんをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました