Windows 10でコマンドプロンプト・バッチファイルを管理者として実行する方法

Windows Windows

以前、Windows 7でコマンドプロンプトを管理者として実行する方法について書きました。

Windows 10の場合、Windows 7でできなかったことができるようになっていたり、少し異なっていたので、改めてまとめました。

なお、今回のバージョンは以下の通りです。

  • Windows 10 Pro(64bit) 1809
スポンサーリンク

コマンドプロンプトを管理者として実行する方法

ファイル名を指定して実行

僕が最もよく使うのがこれです。

Windows 10 コマンドプロンプト・バッチファイル

手順は、

  1. [Windows]+[R]キーで「ファイル名を指定して実行」を開く
  2. 「cmd」と入力
  3. [Ctrl]+[Shift]+[Enter]キーで実行

という感じです。
Windows 7の時には、[Ctrl]+[Shift]+[Enter]キーが効かずにできませんでしたが、Windows 10になってからいつの間にかできるようになっていました。

Windows 10では、コマンドプロンプトだけではなく、アプリケーションを管理者として実行する場合は、[Ctrl]+[Shift]+[Enter]キーを使えばいいみたいですね。

Cortana(コルタナ)から実行

続いて、Cortana(コルタナ)から実行する方法です。

Windows 10 コマンドプロンプト・バッチファイル

上記と似ていますが、

  1. Cortanaの検索ボックスに「cmd」と入力
  2. [Ctrl]+[Shift]+[Enter]キーで実行
    • 「管理者として実行」を選択 でもOK

という手順になります。
マウスを操作しなくても、[Windows]キーを1回押せば、スタートメニューが開いてその状態で入力できるので、こちらの手順の方が簡単かも。

[Windows]+[X]キーでメニューから実行

3つ目は、[Windows]+[X]キーを押したら出てくるメニューから実行する方法です。

Windows 10 コマンドプロンプト・バッチファイル

このメニューの名前なんて呼ぶのか…「便利メニュー」とか?
このメニューを使って、

  1. [Windows]+[X]キー
    • スタートボタンを右クリック でもOK
  2. コマンドプロンプト(管理者)を選択

という手順になります。

タスクバーの設定で、このメニューにコマンドプロンプト・Windows PowerShellのどちらを表示するかを選択できます。

Windows 10 コマンドプロンプト・バッチファイル

設定場所は、

  • タスクバーを右クリック⇒「タスクバーの設定」から開く
  • 「設定」メニュー⇒「個人用設定」⇒「タスクバー」と辿って開く

のどちらかでタスクバーの設定を開き、「…コマンドプロンプトをWindows PowerShellに置き換える」の設定値を切り替えればOKです。

バッチファイルを管理者として実行する方法

もう一つ、バッチファイルを管理者として実行する方法について。

上記手順のコマンドプロンプトを管理者として実行した状態で、バッチファイルをフルパス指定で実行すればいいのですが、そのままバッチファイルをダブルクリックで実行しても管理者としては実行できません。
その場合は、バッチファイルのショートカットを作成すれば、ダブルクリックでも管理者として実行できるようになります。

Windows 10 コマンドプロンプト・バッチファイル

該当のバッチファイルに対して、

  1. 右クリック⇒「送る」⇒「デスクトップ(ショートカットを作成)」
  2. 作成したショートカットを右クリック⇒「プロパティ」⇒「詳細設定」を開き、「管理者として実行」にチェック

の手順で設定すれば、作成したバッチファイルのショートカットをダブルクリックで管理者として実行できます。

以上です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Windows
えふめんをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました