LAMP構築-Linux(CentOS)へWordPressをインストール

Linux Linux

前回までの記事で、以下のLAMP環境のWebサーバ、DBサーバ、PG言語のインストールが完了しました。

  • OS…「L」(Linux)
  • Webサーバ…「A」(Apache HTTP Server)
  • DBサーバ…「M」(MySQL)
  • 言語…「P」(PHP)

「Apache HTTP Server」はこちら⇒LAMP構築-Linux(CentOS)へApacheをソースコードからインストール

「MySQL」はこちら⇒LAMP構築-Linux(CentOS)へRPMパッケージからMySQLをインストール

「PHP」はこちら⇒LAMP構築-Linux(CentOS)へPHPをソースコードからインストール

今回は前回に続き、LAMP環境のオープンソースCMS「WordPress」をインストールします。

ちなみに、当ブログ「俺の開発研究所」も「WordPress」を使用しています。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • CentOS-6.4-i386
  • Apache HTTP Server 2.4.6
  • MySQL Community Server 5.6.13
  • PHP 5.5.1

インストールの手順ですが、WordPress公式サイトに日本語の手順も用意されており、かなり助かります。

スポンサーリンク

WordPressのダウンロード

WordPress公式サイトより、WordPressをダウンロードする。

ダウンロードしたアーカイブは、解凍し、Apache HTTP Serverの公開ディレクトリ「/usr/local/apache/htdocs/」へ移動する。

移動したらディレクトリごと、所有者とグループをApache HTTP Serverのユーザーへ変更しておく。

ここで、所有者とグループをApache HTTP Serverのユーザーへ変更しておかないと、後々「wp-config.php」ファイルの設定時に権限がなくエラーとなるので注意が必要。

#WordPressのダウンロード
$ wget http://ja.wordpress.org/wordpress-3.6-ja.tar.gz

#アーカイブの解凍
$ tar xvzf wordpress-3.6-ja.tar.gz

#ディレクトリ移動
$ mv wordpress /usr/local/apache/htdocs/

#ディレクトリごと所有者変更
$ chown -R apache /usr/local/apache/htdocs/wordpress/

#ディレクトリごとグループ変更
$ chgrp -R apache /usr/local/apache/htdocs/wordpress/

データベースとデータベースユーザーの作成

WordPress用のデータベースとデータベースユーザーを作成する。

今回は、MySQLクライアントを使用し、コマンドで作成した。

#MySQLへログイン
$ mysql -u root -p

#データベース「wordpress」の作成
mysql>CREATE DATABASE wordpress;

#データベース一覧表示
mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
| wordpress          |
+--------------------+
4 rows in set (0.00 sec)

#データベースユーザー「wpuser」の作成とデータベース「wordpress」への全権限の付与
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON wordpress.* TO "wpuser"@"localhost" IDENTIFIED BY "パスワード";

#権限の変更を反映
mysql> FLUSH PRIVILEGES;

#データベースユーザー一覧表示
mysql> select user,host from mysql.user;
+--------+-----------+
| user | host |
+--------+-----------+
| root | 127.0.0.1 |
| root | ::1 |
| root | localhost |
| wpuser | localhost |
+--------+-----------+
4 rows in set (0.00 sec)

「wp-config.php」ファイルの設定

WordPressディレクトリの直下に「wp-config-sample.php」ファイルがあるので、これをコピーし編集するか、インストールスクリプトを実行し、「wp-config.php」ファイルを設定する。

今回は、インストールスクリプトを実行し、設定した。

こちらは、画面上で入力でき、簡単に設定できます。

まずは、Apache HTTP Serverを起動する。

#Apache HTTP Serverの起動
$ /usr/local/apache2/bin/apachectl start

続いて、「http://配置したサーバーのIPアドレス/wordpress/wp-admin/install.php」(配置したディレクトリによって異なります)へアクセスし、以下を入力し、「wp-config.php」ファイルを作成する。

  • データベース名…WordPressのデータベース名
  • ユーザー名…WordPressのデータベースユーザー名
  • パスワード…WordPressのデータベースユーザーパスワード
  • データベースのホスト名…「localhost」
  • テーブル接頭辞…「wp_」

その後、引き続き画面上で、インストール実行を行う。

以下を入力すれば、インストール完了。

  • サイトのタイトル
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス
  • プライバシー(検索エンジンによるサイトインデックスの許可)

間単に終了した。

その他注意点

PHPインストール時のオプションに「–with-zlib」を付けていないと、WordPressのテーマやプラグインのインストール時にアーカイブを展開できずにエラーとなる。

また、PHPインストール時のオプションに「–enable-mbstring」を付けていないと、WordPressのマルチバイト文字のプラグイン「WP Multibyte Patch」がエラーとなり使用できない。

参考サイト

WordPressインストール – WordPressの使い方

WordPress のインストール – WordPress Codex 日本語版

MySQL ユーザの操作(作成、パスワード変更、削除)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Linux
えふめんをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

  1. […] LAMP構築-Linux(CentOS)へWordPressをインストール […]

  2. […] | 駆け出しwebクリエイター黒ブタの気まぐれブログ LAMP構築-Linux(CentOS)へWordPressをインストール | 俺の開発研究所 ModSecurity で IP […]

タイトルとURLをコピーしました