DokuWikiのインストール・セットアップ手順を解説

DokuWikiDokuWiki
この記事は約4分で読めます。

PHPベースのオープンソースのウィキソフトウェア DokuWikiのインストール・セットアップ手順について解説します。

DokuWikiにはインストーラー(設定用スクリプト)が用意されており、ブラウザからインストーラー画面のURLへアクセスし、画面に従い入力すれば簡単にインストールできます。

なお、今回のバージョンは以下の通りです。

  • DokuWiki 2018-04-22a “Greebo”

DokuWikiのダウンロード

ダウンロードは、こちらのDokuWikiダウンロードサイトから行います。

DokuWiki ダウンロード

ダウンロード時に人気のプラグインも同梱することができるので、Popular Pluginsのチェックは全てオンにしてダウンロードすればいいでしょう。

ダウンロードしたら、解凍してdokuwikiフォルダ配下のファイル類をWebサーバーの公開ディレクトリへアップロードします。

DokuWikiのインストール手順

公開ディレクトリへアップロードできたら、DokuWikiをインストールします。

手順としては、

  • DokuWikiインストーラーへアクセス
  • 設定を入力して保存
  • DokuWikiインストーラーを削除

で、完了です。とても簡単ですね。

DokuWikiインストーラーの設定内容

まずは、DokuWikiインストーラー(install.php)へアクセスします。

URLは以下のようになります。

https://yourdomain.com/install.php
DokuWikiインストーラー

インストーラーの画面は、右上の使用言語で日本語に変更可能です。

ここで設定するのは、以下の項目です。

  • Wiki名
  • スーパーユーザーのアカウント情報
  • ACL(アクセス管理)初期設定
  • ユーザー登録機能の有効/無効
  • ライセンス表記
  • 匿名データ送信

公開サイトの場合、ACL(アクセス管理)は必ずチェックして、スーパーユーザーのアカウントを設定しておきましょう。

ACL(アクセス管理)とユーザー登録機能

ACL初期設定アクセス制御設定)は、以下の3つから選択可能です。

それぞれ選択したものによって、次の説明のように権限が設定されます。

  • オープンWiki
    • 全員 … 閲覧・書き込み・アップロード可能
  • パブリックWiki
    • 全員 … 閲覧可能
    • 登録ユーザー … 書き込み・アップロード可能
  • クローズドWiki
    • 登録ユーザー … 使用可能

また、ユーザー登録機能は有効化するとユーザー登録ページが表示され、第三者が自分でユーザー登録できるようになります。

これから運営するWikiサイトにもよりますが、インターネット上への公開を目的とする場合は、オープンWikiパブリックWikiになると思います。

Wikiサイトの運営で初めのうちは管理者など特定の人がページやサイトの大枠を作成していくなら、パブリックWikiでユーザー登録機能を無効にしておけば、第三者に勝手に変更されて困るということはなくなります。

逆に、インターネット上に公開しない個人のメモ帳・マニュアルであったり、組織内の人のみ閲覧・使用する場合などは、クローズドWikiにしておけばOKです。

これらの設定内容はインストール後に変更可能です。

DokuWikiインストーラーの削除

DokuWikiインストーラー

設定を保存してインストールが完了したら、DokuWikiインストーラー(install.php)はサーバー上から削除しておきましょう。

一度インストールを実行すると設定ファイルが作成されて再実行はできませんが、セキュリティ的にも削除しておいた方がいいです。

最後に

今回は、DokuWikiのインストール・セットアップ手順を紹介しました。

DokuWikiのインストールはとても簡単なので、初心者にもハードルが低いです。
インストールできたら、あとは諸々の設定をして使っていくだけ。

DokuWikiの使い方については、こちらの記事にまとめています。

DokuWiki
\よかったらシェアしてね/
えふめん

大阪在住、30代。
業務系SE・社内SEの仕事を通じて学んだこと、PCトラブルで困って調べたこと、手作業を効率化して改善したこと、WordPressのブログ運営などの記事を書いています。

えふめんをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました