Windows 10でWindows.oldフォルダを削除する手順

Windows 10Windows
この記事は約3分で読めます。

Windows Updateでメジャーアップデート(1903⇒1909など)を行った場合、Cドライブ直下にできるWindows.oldフォルダ

このフォルダを削除する場合は、普通にDeleteボタンでは削除できません。
Windows.oldフォルダを手動で削除する方法を紹介します。

なお、今回のバージョンは以下の通りです。

  • Windows 10 Pro(64bit) 1909

Windows.oldフォルダには更新前のシステムが格納

Windows.oldフォルダは、Windowsのメジャーアップデート(年2回の大型アップデート)で作成され、更新前のバージョンのシステムが格納されています。

アップデート後にシステムに問題があった場合、このWindows.oldフォルダで以前のバージョンに戻せるわけです。

Windows.oldフォルダ削除

Windows.oldフォルダは約30日で自動的に削除されますが、容量がかなり大きいために容量の少ないストレージだとCドライブを圧迫してしまいます。
僕の環境だとフォルダ容量は37GBもありました。でかい。。

現在のシステムで問題なければ以前のバージョンに戻す必要もないので、削除しても構わないものです。
容量が圧迫されている場合は削除してしまいましょう。

Windows.oldフォルダ削除

ただし、普通にフォルダをDeleteボタンで消そうとしてもできません。
削除するには、以下の手順で行います。

ディスクのクリーンアップで削除

まずは1つ目、ディスクのクリーンアップで削除する方法です。

Windows.oldフォルダ削除

エクスプローラー(コンピュータ)を開き、

  • Cドライブを右クリック ⇒ プロパティ ⇒ ディスクのクリーンアップ

を開き、その画面下の

  • システムファイルのクリーンアップ

をクリックします。

Windows.oldフォルダ削除

スキャンが始まって少し時間がかかり、システムファイルも表示されました。
この中にある「以前のWindowsのインストール」を選択して削除すればOKです。

設定メニューのストレージで削除

2つ目は、設定メニューのストレージで削除する方法です。

Windows.oldフォルダ削除

Windows 10の設定メニュー(歯車マーク)を開き、

  • システム ⇒ ストレージ

を開き、ストレージの容量が計算されたら

  • 一時ファイル

を選択します。

Windows.oldフォルダ削除

スキャンが行われて出てきた「以前のWindowsのインストール」を選択して削除すればOKです。

Windows.oldフォルダの以前のバージョンに戻す場合

Windows 以前のバージョンに戻す

ちなみに、Windows.oldフォルダの以前のバージョンに戻す場合は、設定メニューから

  • 更新とセキュリティ ⇒ 回復

を開き、

  • 前のバージョンのWindows 10に戻す ⇒ 開始する

で実行します。

最後に

今回は、Windows 10で以前のバージョンのWindowsが格納されるWindows.oldフォルダを削除する方法を紹介しました。
Cドライブの容量が圧迫される場合は、手動で削除しましょう。

Windows
\よかったらシェアしてね/
えふめん

大阪在住、30代。
業務系SE・社内SEの仕事を通じて学んだこと、PCトラブルで困って調べたこと、手作業を効率化して改善したこと、WordPressのブログ運営などの記事を書いています。

えふめんをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました