VB.NETのFor文でループを続ける・抜ける構文

VB.NETプログラミング
この記事は約1分で読めます。

VB.NETの「For」文の構文メモ。

なお、Visual Studioのバージョンは以下です。

  • Visual Studio Professional 2012

If文と組み合わせて、ループを続ける・抜けるを制御する。

ループの先頭に戻って処理を続ける(処理を飛ばす)場合は、「Continue For」。

'1~10までをループする
For i As Integer = 1 To 10
    '偶数(2で割った余りが0)の場合、処理を飛ばす
    If (i Mod 2) = 0 Then Continue For

    'ループ内処理
    …
Next

ループを抜ける場合は、「Exit For」。

'1~10までをループする
For i As Integer = 1 To 10
    'iが5以上になった場合、ループを抜ける
    If i >= 5 Then Exit For

    'ループ内処理
    …
Next
プログラミング
えふめん

大阪在住、30代。
業務系SE・社内SEの仕事を通じて学んだこと、PCトラブルで困って調べたこと、手作業を効率化して改善したこと、WordPressのブログ運営などの記事を書いています。

えふめんをフォローする
\よかったらシェアしてね/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました