Rails、Rakeコマンドで本番環境(Production)を指定する方法

Ruby on Railsプログラミング
この記事は約1分で読めます。

Rails、Rakeコマンドで「本番環境(Production)」を指定する方法です。

rails」コマンドの場合、「-e」オプションで指定。

rake」コマンドの場合、環境変数「RAILS_ENV」で指定。

#本番環境(Production)でRailsアプリケーションの起動
$ rails s -e production

#本番環境(Production)でrakeコマンド(DB作成)
$ rake db:create RAILS_ENV=production

#本番環境(Production)でrakeコマンド(マイグレーション実行)
$ rake db:migrate RAILS_ENV=production

これは忘れる。。

どっちか片方にしてくれと思う。

参考サイト

【Rails3】Production環境で実行する – ふわふわRuby on Rails

プログラミング
えふめん

大阪在住、30代。
業務系SE・社内SEの仕事を通じて学んだこと、PCトラブルで困って調べたこと、手作業を効率化して改善したこと、WordPressのブログ運営などの記事を書いています。

えふめんをフォローする
\よかったらシェアしてね/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました