VB.NETでクリップボードを操作する

Programming プログラミング

VB.NETでクリップボードを操作するには、「Clipboard」クラスを使用する。

主なメソッドは以下のよう。

  • 「Clear」…クリップボードを消去する
  • 「GetData」…クリップボードから指定の種類のデータを読み込む
  • 「GetText」…クリップボードからテキストデータを読み込む
  • 「GetImage」…クリップボードからイメージデータを読み込む
  • 「SetData」…指定の種類のデータをクリップボードへ書き込む
  • 「SetText」…テキストデータをクリップボードへ書き込む
  • 「SetImage」…イメージデータをクリップボードへ書き込む
  • 「ContainsData」…クリップボードに指定の種類のデータが格納されているかを判断する
  • 「ContainsText」…クリップボードにテキストデータが格納されているかを判断する
  • 「ContainsImage」…クリップボードにイメージデータが格納されているかを判断する

なお、Visual Studioのバージョンは以下です。

  • Visual Studio Professional 2012
スポンサーリンク

今回はテキストデータを操作してみた。

以下、サンプル。

'変数準備
Dim str As String

'クリップボードのクリア
Clipboard.Clear()

'クリップボードにテキストデータ設定
Clipboard.SetText("テスト")

If Clipboard.ContainsData(System.Windows.Forms.DataFormats.Text) Then
    'クリップボードにTextデータが存在する場合

    'クリップボードのテキストデータを取得
    str = Clipboard.GetText

    'メッセージ表示
    MessageBox.Show(str)
Else
    'クリップボードにテキストデータが存在しない場合

    'メッセージ表示
    MessageBox.Show("クリップボードにテキストデータがありません。")
End If

参考サイト

My.Computer.Clipboard オブジェクト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
プログラミング
えふめんをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました