SQL Serverでストアドファンクションを実行する構文

Database データベース
この記事は約1分で読めます。

SQL Serverの「ストアドファンクション」(ユーザー定義関数)を実行する構文。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • SQL Server Standard 2008 R2
スポンサーリンク
--戻り値格納変数の宣言
DECLARE @RESULT AS INTEGER

--ストアドファンクションの実行
EXEC @RESULT = dbo.GetTestData
    @DATA_KEY1 = '0001',
    @DATA_KEY2 = '0002',
    @DATA_KEY3 = '0003'

--戻り値の表示
SELECT @RESULT AS RESULT

こんなことしなくても、下記の一文で取得できるみたい。

--ストアドファンクションの実行と戻り値の表示
SELECT dbo.GetTestData('0001','0002','0003') AS RESULT

参考サイト

[SQLSERVER2000] ストアドファンクションの超基本: 猫じゃらし思考的日常

スポンサーリンク
スポンサーリンク
データベース
えふめんをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました