レオパレス21のインターネット回線「レオネット」の認証入力回避

Networkネットワーク
この記事は約2分で読めます。

何を隠そう、俺はレオパレス21に居住しているわけですが。

レオパレスと言えば、謎のインターネット回線「レオネット」が無料で使い放題。

いちよう光とは書かれているが、その真相は謎のまま。

なお、レオネットの回線速度はこちらの記事参照⇒レオパレス21のインターネット回線「レオネット」の回線速度

さて、このレオネットですが、壁のコネクタとPCをLANで繋げば使えるお手軽なものなのですが、賃貸契約時にもらったIDとパスワードの認証入力が必要で、その有効期限が2~3時間ほどなのです。

さらに、認証入力後はレオネットホームページに必ず遷移するという。

毎回入力するのが面倒なので、ルータの「NTP」設定で、この認証入力をスルーする方法です。

なお、俺の使用しているルータは「BUFFALO 無線LANルーター AirStation WZR-HP-AG300H」です。

詳細はこちらから。

まずは、「AirStation」へログインし、設定画面を開く。

メニューの「管理設定」⇒「NTP」で、NTP設定の画面を開き、以下を設定する。

  • NTP機能…使用する
  • サーバー名…ntp.jst.mfeed.ad.jp(デフォルト)
  • 確認時間…1時間毎

AirStation画面

このように1時間で設定すると、いちいち認証入力することなく、レオネットが利用できます。

ちなみに、このルーターは無線LANも利用できるので、スマートフォンでもレオネットを利用できます。

ネットワーク
えふめん

大阪在住、30代。
業務系SE・社内SEの仕事を通じて学んだこと、PCトラブルで困って調べたこと、手作業を効率化して改善したこと、WordPressのブログ運営などの記事を書いています。

えふめんをフォローする
\よかったらシェアしてね/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました