GoogleスプレッドシートのIMPORTHTML・XML関数で簡単スクレイピング

スクレイピング/自動化
この記事は約6分で読めます。

Googleスプレッドシートは、Googleの提供しているオンライン表計算アプリです。

無料で使えて、Webブラウザ上で動作するので、Googleアカウントがあれば端末や場所を問わず、どこからでも使用できます。
Microsoft Excelと違い、Google独自の関数やWeb系の関数があって、これがなかなか便利です。
今回は、その中のIMPORTHTMLIMPORTXML関数を使用して、スクレイピング(Webサイトから情報を抽出)をしてみます。

スポンサーリンク

IMPORTHTML・IMPORTXML関数の詳細

IMPORTHTMLIMPORTXML関数は、関数一覧を見るとともにウェブの関数に分類されています。

関数の概要は、以下の通りです。

  • IMPORTHTML … HTMLページ内の表やリストからデータをインポート。
  • IMPORTXML … XML、HTML、CSV、TSV、RSSフィード、ATOM XMLフィードなど、さまざまな種類の構造化データからデータをインポート。

関数の構文は、次のようになっています。

=IMPORTHTML(URL, クエリ, 指数)
 クエリ … "list"(リスト)/ "table"(表)
 指数 … HTMLページ内で出現する順番に1から連番
=IMPORTXML(URL, XPathクエリ)

IMPORTHTML関数は、リスト(liタグ)かテーブル(tableタグ)のデータをそのままの形で取得できます。
取得は簡単ですが、複雑なことはできない模様。

IMPORTXML関数は、XPathを使用してHTMLページ内の任意の項目のデータを取得できます。
また、HTML以外の構造化データからも取得できます。
複雑なことができますが、XPathを理解する必要があります。

IMPORTHTML・IMPORTXML関数でスクレイピング

では、実際にIMPORTHTML・IMPORTXML関数を使ってスクレイピングします。
取得するデータは、当ブログトップページのサイドバーに表示しているカテゴリー一覧のリストです。

Googleスプレッドシート

Chromeで確認したところ、該当箇所のHTMLソースはこのようになっていました。

<aside id="categories-2" class="widget widget-sidebar widget-sidebar-standard widget_categories">
  <h3 class="widget-sidebar-title widget-title">カテゴリー</h3>
  <ul>
    <li class="cat-item cat-item-149">
      <a class="cf" href="https://itlogs.net/category/linux/">
        Linux<span class="post-count">22</span>
      </a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-338">
      <a class="cf" href="https://itlogs.net/category/office/">
        Office<span class="post-count">18</span>
      </a>
    </li>
    …
  </ul>
</aside>

先に取得結果と式を載せると、次のような感じです。

Googleスプレッドシート

左側がIMPORTHTML関数で取得したもの、右側がIMPORTXML関数で取得したものです。

IMPORTHTML関数でテーブル・リストを簡単スクレイピング

まずは、IMPORTHTML関数から。
こちらは簡単で、取得したいデータはリスト、出現位置はヘッダーメニューの次で2番目なので、以下の式で取得できます。

=IMPORTHTML("https://itlogs.net/","list",2)

ただし、カテゴリー名の後ろについている投稿数も同じリストの値に含まれており、くっついて一緒に取得されています。
これは置換とかで消す対応しかないかなぁ。

IMPORTXML関数はXPathで任意のデータを取得可能

続いて、IMPORTXML関数。
こちらはXPathで項目を指定するので、該当箇所のリストを特定できるようにclass属性に「cat-item cat-item-」が含まれるものを指定しています。
投稿数はspanタグで囲われていますが、上位のaタグを指定することで、いい感じに2列で表示してくれます。

=IMPORTXML("https://itlogs.net/","//li[contains(@class,'cat-item cat-item-')]/a")

また、以下の2つの式でカテゴリー名と投稿数を別々に取得することもできます。

=IMPORTXML("https://itlogs.net/","//li[contains(@class,'cat-item cat-item-')]/a/text()")
=IMPORTXML("https://itlogs.net/","//li[contains(@class,'cat-item cat-item-')]/a/span")

XPathは上位のasideタグにid属性が付いているから、

"//aside[@id='categories-2']/ul/li/a"

でも取得できるかなと思ったのですが、どう頑張っても「インポートしたコンテンツは空です。」となって無理だったので諦めました。
表示されているHTMLソースでは合っていると思うんですが、XPathが長く複雑になると取れない…?WordPressの動的サイトだから…?よく分かりません。。

IMPORTHTML・IMPORTXML関数の注意点

IMPORTHTML・IMPORTXML関数を使用するにあたっての注意点は、

  • データ取得されるタイミングがイマイチ明確ではない。
  • XPathは正しくてもデータを取得できない場合がある。
  • 多用すると遅い。データ取得できない場合もある。
  • すでに値が入っているセルは上書きされないのでエラーになる。

といったことが挙げられます。

ファイルを開いたり、式を変更したりしたタイミングでは、データ取得されるみたいですが、その他のタイミングがイマイチ分からず、たまに気づけばエラー「#N/A」になっているときがあります。
また、上述の通りですが、正しいXPathでもデータ取得できない場合があります。おそらく取得したい項目から指定して短くするのがポイントかな。
そして、多用するとかなり遅くなります。そのせいかデータ取得エラーになる場合もあります。
最後は、複数列・複数行のデータを取得して表示する場合は、その範囲のセルに値が入っていればエラーになるので注意です。

最後に

今回は、GoogleスプレッドシートIMPORTHTMLIMPORTXML関数を使用して、スクレイピングしてみました。
ノンプログラミングで手軽にスクレイピングができるので、とても便利ですよ。
以上です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スクレイピング/自動化
えふめんをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました