Microsoft Word 2010で表のセルに斜線を入れる方法

Microsoft WordOffice
この記事は約1分で読めます。

Microsoft Word 2010で表のセルに「斜線」を入れる方法のメモです。

表のセルを選択し、右クリック⇒「線種とページ罫線と網かけの設定」を開く。

右側の「プレビュー」で、「/」もしくは「\」を押下し、「設定対象」で「セル」もしくは「表」を選択する。

そうすると、「設定対象」で「セル」を選択した場合は、1セルに斜線が、「表」を選択した場合は、全てののセルに斜線が入る。

もしくは、リボンメニューの「ホーム」⇒「段落」にある「罫線ボタン」で「斜め罫線(右下がり)」、「斜め罫線(右上がり)」を選択すれば、簡単に斜線を入れることができる。

参考サイト

121ware.com > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 012707

Office
えふめん

大阪在住、30代。
業務系SE・社内SEの仕事を通じて学んだこと、PCトラブルで困って調べたこと、手作業を効率化して改善したこと、WordPressのブログ運営などの記事を書いています。

えふめんをフォローする
\よかったらシェアしてね/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
俺の開発研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました